フェイシャル 表情筋機能再生フェイシャルトリートメント

表情筋機能再生
フェイシャル
トリートメント

表情筋機能再生
フェイシャル
トリートメント

表情筋とは

お顔の筋肉は、表情筋と言われる小さく薄い筋肉が複雑に重なり合っています。 その筋肉がそれぞれの表情を作り、私たちは意思を表現しています。 しかし、お顔に限らず身体もそうですが、私たちの筋肉はできるだけ「省エネ」をしようとするため、 生活の中であまり使わない筋肉はその活動をやめてしまいます。 年々働かない筋肉と働く筋肉が明確になり、その結果たるみやシワになってしまうのです。

Facial表情筋機能再生フェイシャルトリートメントとは?

アロマセラピーサロンVert Merのセラピスト藤原綾子は、表情筋機能再生フェイシャルトリートメントの開発考案者であり、 日本フェイシャルトリートメント協会(JFTA)の理事長でもあります。J F T Aでも指導している表情筋機能再生フェイシャルトリートメントは、 義歯利用者、高齢者の咀嚼や会話、さらには生活の質(QOL)を高めるために開発された独自トリートメントです。 高齢者のためであるというため、強い圧力を加えたり、刺激を与えたりするようなことはなく、表情筋を覆う筋膜を優しくリリースすることで、 表情筋を活性化し表情筋を効率よく使うことを目的としています。その結果、咀嚼や会話が改善されるだけでなく、 表情筋のたるみやしわ、血行不良によるくすみやシミの改善にもつながることがわかっています。(歯科衛生士学会発表)

表情筋機能再生フェイシャルトリートメントを勧める理由

生活習慣の中で、使われる筋肉は限られてきています。 例えばマスクを使えば、マスクが動かないようにと口元の筋肉をできるだけ使わずに話すようになります。 また、眼鏡をかければ、眼鏡がずれないようにと額や目の周りに筋肉が緊張します。 些細な習慣が、筋肉に緊張を生み、その一方で弛緩し過ぎる箇所を生むということが起こるのですが、それはあまりにも些細で気づかないものです。 たるみやシワになってから、どうしたのか?と悩むかもしれませんが、定期的なケアをすることでこのような悩みも減ります。 また表情筋がこのように変化しているということは、咀嚼や会話にも変化が起きているので、もしかしたら体調や心への影響もあるかもしれません。 お顔のケアは、見た目にとどまらない精神的な結果が出ることは、私たちが様々なお客様や高齢者の患者さんと関わらせていただいてわかっています。

施術手順例

施術手順例

1、クリームクレンジング
2、石鹸クレンジング
3、オリジナルジェルピーリング
4、デコルテオイルトリートメント
5、クレイパック
6、ローションパック
7、オイルトリートメント
8、ヘッドトリートメント

お客様のお肌の状態や体調によって順序を変更することがありますが、概ねこのような内容となります。

施術後

施術後

化粧水やオイルなどのご用意はありますのでご自由にお使いください。メイク用品はご用意していません。 メイクをされる場合はご持参くださいますようお願いいたします。メイクをゆっくりなさってから、 1階のカウンセリングルームにてアフターティーと共にカウンセリングをさせていただきます。